何をするの?

一日の流れ

~9:00 にこにこファクトリーに出勤
9:00  ラジオ体操
    健康チェック 睡眠や服薬、食事や気分の状況をスタッフと確認しあいます。
  体調によっては、作業の内容や時間帯を変更することもあります。  

9:10  午前の作業開始
★健康チェックの後、作業開始になります。
にこにこファクトリーには従たる事業所としてテイクアウト専門の軽食販売のお店「にこにこキッチン」があります。このにこにこキッチンを町一番の飲食店にするのがこのファクトリーの大きな目標です。利用者の皆さんには、厨房での調理補助や、メニュー研究のお手伝い、お客様へのお声かけや、お店の清掃や、チラシのポスティングなどのさまざまな作業を通して、接客やコミュニケーションを経験し、同時にみんなでお店を共に盛り立てていく体験をしていただきます。
★キッチンで仕込みをするその日の午前中担当メンバー2人はここでキッチンへ移動します。ワッフルは生地を寝かせたりするので2時間近く前からの準備は必須です。
★小金井市は井戸の水が良いことが名前の由来になった街です。その地下水を一般に使用できる「黄金の水(宝永四年六地蔵)」が近くにあります。毎朝この水を汲んで来て、スープなどいろいろなメニューに使用しています。(写真)


★また、キッチンに行かない人はにこにこファクトリーでの作業をしています。その人の障害の特性、疾病の状態、気分を考慮し、作業の振り分けを行います。以下に紹介します。

①古い着物のリメイクでクルミボタンや縁起物の「南天九猿」など和装小物を製作したり、ビーズや天然石を使ったアクセサリーを作っています。
②市内の高校同窓会の郵送作業・名簿管理等を行っています(2018年8月現在)
③不要パソコンを回収しています。別のページに写真もありますが、国際基準「NSA(国家安全保障局)基準」でのデータの完全破壊をした後、専門業者にモニターや電源アダプターを売却するとともに、パソコン基盤に含まれている金(きん)をはじめとする希少金属(レアメタル)の売却を行います。パソコンは市では粗大ごみとして回収できないものですので、個人、法人が独自でデータ消去、廃棄をしなくてはなりません。
「家に昔のパソコンがそのままになっているけどWindouws7以前のものはパソコンリサイクルショップでは引き取ってくれない、データ消去を見えない相手に依頼するのは不安」という方から依頼されます。誰でもできる作業が大半ですが、解体仕分けそのものは手間がかかるものであり、一方で社会的にリサイクルという視点では誰かがやらなくてはいけない作業です。
④外部からの封入を中心とした包装作業の委託を受けています。納入、締め切りが不定期な作業で、定期作業ではないために引き受け手が限られるような封入作業を受けています。
⑤地域のタウン紙「ぱど」のポスティングを主に第3週目に行っています。

11:30~12:30 昼食+昼休み
★キッチンにいた人は12:00~13:00休憩で、この時ファクトリーに戻って食事します。午前中の人は主に午後はファクトリーの仕事になります。

12:30  午後の作業開始
★午後のメンバーはこの時間にキッチンに到着するようにファクトリーを出ます。
★午前中通院などで遅く来る人は午後からの作業でキッチンに参加したりします。
★午前中で作業をして帰る方もいらっしゃいます。

14:40 作業終了
★記録を書いて提出します。

15:00 解散


その他